ハーレクイン・ヒストリカル

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ヒストリカル。これを読まずに眠れない。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

永遠(とわ)の詩―愛のサマーヴィル (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
見上げるほどの上背に黒い眼帯、女心をとろかすような笑み。エミリーンはひときわ目立つジェイミー・ハーコートを見て、妹が恋した相手に間違いない、と確信した。そして、彼が妹を殺した真犯人であるということも。女遊びにうつつを抜かす享楽的な人物であっても、彼はどこか秘密めいた暗い影を持っている。それは風貌のせいか、あるいは殺人者だからなのか…。エミリーンは忠実な使用人の手を借りて、ジェイミーを拉致し、自宅の地下室に監禁して問いつめた。手足の自由を奪われたまま、ジェイミーは罪を否定した。情事については身に覚えがあるが、人殺しはしていない。しかし、いま考えなくてはならないのは、ある重要人物との約束の時間までに、ここを出ることだ。エミリーンに―あの無垢な魅力に―じゃまされるわけにはいかない。

血塗られた爵位 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
数カ月前、馬車が谷に転落し、公爵夫妻は亡くなった。そして、遺された幼い子供たちの面倒を見るために故公爵夫人のいとこのクロエが、家庭教師としてはるばるフランスからやってきたのだった。だが、兄の死で新しい公爵になったジャレスは、クロエの教育方針がまったく気に入らなかった。姪たちは家柄にふさわしいレディでなければならない。彼は、厳格にしつけるようクロエに命じる。確かに身分にふさわしい行儀作法も必要だけれど、両親の悲惨な事故で深く傷ついた子供の心を癒すには、自由に楽しくすごさせるのが一番―そう思って頑固に言いつけに従わないクロエに対して、彼の怒りは燃え上がった。公爵のわたしに背くとは!このいまいましい小娘に思い知らせてやらなければ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ネイヴィン,ジャクリーン
米メリーランド州に夫と幼い子供三人とともに住む。心理学者として個人の診療所を開くかたわら、執筆にも精を出している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

銀色に光る海で (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ファンは海辺の屋敷で家政婦として暮らしていた。しかし実は、失踪した父の跡を継ぎ、密輸団の頭領を務めている。ある日、屋敷に新しい主人がやってきた。海軍で武功を立て、巨万の富を手に入れた公爵家の次男、ジョージ・クレアモントだ。彼の姿を前にして突然湧きおこったときめきを、ファンは胸の奥底に追いやった。こんな思いを知られれば、自分の本性を白日のもとにさらすうえ、部下たちをも危険に陥れることになるのだから。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジャレット,ミランダ
ブラウン大学で美術史を学ぶ。二人目の子どもの産休中に初めて書いた作品をハーレクイン社に送ったことがきったけとなり、作家への道を歩み始めた。ゴールデン・リーフ賞受賞やRITA賞のファイナリストなど、数多くの実績を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

孤独な領主―戦士に愛を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
レディ・ガブリエラはドゲール男爵一行の到着を待っていた。父のフレシェット伯爵はひと月前に亡くなり、彼女には借金だけが残された。城と領地は没収され、きょう明け渡すことになっている。父の死も知らず行方もわからない兄が帰るまで、ガブリエラはなんとしても城に残りたかった。城に到着した男爵に自分と同じ孤独を感じた彼女は、一縷の望みを胸に、その願いを口にした。だが、噂にたがわず冷酷な彼は、情け容赦なくこう言ったのだ。「ここを出ていくか、召使いとして城に残るかだ!」なんですって?でも、わたしには行くあても、お金もない。ガブリエラは悲痛な思いで召使いになる道を選んだ。彼女の美しさが、どれほどの騒動を巻き起こすかも知らず…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ムーア,マーガレット
俳優エロール・フリンに憧れ、「スター・トレック」のミスター・スポックに恋をした少女は、やがて謎めいた魅力的な悪漢をヒーローに仕立てたロマンス小説家になった。カナダのトロントに夫と二人の子供、2匹の猫と住む。読書と裁縫が趣味(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

逃げた相続人―愛と称号と財産と〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
リュートの奏でる柔らかな旋律、明るい日差し…。体を這うやさしい手と唇の感触…あれは誰だろう?それに、ここはどこ?そのとき、ロザリンは目を覚ました。すぐ間近に微笑む男の顔が―見知らぬ美しい男の顔があった。驚いて悲鳴をあげると同時に、昨夜のことを思い出した。彼女を鞭打つ残酷で凶暴な叔父から領地を取り戻すため、そして獣のような男との結婚から逃れるため、城を抜け出したことを。だが、現実は甘くはなかった。宿屋で酔客に絡まれたところをこの男に助けられたのだ。でもまさか…こんなことになるなんて!ロザリンは一糸まとわぬ自分の姿に動転していた。そこへヒュー・コルドウェルと名乗る男が追い討ちをかけた。「君は覚えていないのかい、僕たちが共に過ごした熱い夜を?」。

嘆きの城 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ワージントン侯爵ジャスティン・セント・ジョン―ロンドン社交界に名を馳せる極めつけの放蕩者。彼はクレアが十四歳のころ初めて恋した男性でもあった。無邪気な憧れを胸に、隣家の古い石造りの城を訪れたあの日から、クレアの夢は、彼と―お城に住む王子様と結婚することだった。結局、彼の女ぐせの悪さと一方的な別れの言葉で、無惨にもその夢は破れ、彼女の心に大きな傷を残した。ところが、十八歳となったクレアが晴れて社交界入りしたとき、目には見えない運命の歯車が回りだした。相も変わらず女たらしの伊達男は、何を思ったのか、クレアの父親を通して結婚を申し込んできた。それも愛のない結婚を。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
シモンズ,デボラ
日本では『狼を愛した姫君』でデビュー以来、ナンバーワンの人気を誇る作家。ディ・バラ家やド・レーシ家の面々を主人公に据えた中世の物語と、華やかなイギリス摂政期(十九世紀初頭)の物語を描き分ける。米オハイオ州に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

花嫁の身の代金 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エリザベス女王没後のイギリスは、内政も外交も揺れていた。適齢期を迎えたデボラもそのあおりを受け、今や協調国となったスペインの貴族、ドン・マノラ・コルテスの息子ミゲルとの婚約が進んでいる。ところが、宮廷の仮面舞踏会で出会ったド・ヴィア侯爵が、尊大にもミゲルの悪行をデボラに訴え、結婚を取りやめるよう忠告した―ご丁寧にキスまでつけて!宮廷一の美貌を誇るド・ヴィア侯爵は、いわば国王専属の海賊で、彼女からすれば、ならず者にほかならない。彼はミゲルを憎んでいるのか、吐き捨てるように言い放った。「警告しておこう。コルテス家のものであるならわたしはなんでも奪い取る。ミゲルの花嫁も例外ではない」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ヘリス,アン
イギリスはケンブリッジに住んでいる。イギリスではすでに三十作以上の著作がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

憂いの騎士 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父親の死後、どこからともなくやってくる襲撃者に領地も領民も脅かされ、ジリアンは不安な日々を送っていた。苦しんだあげく、イングランドのジョン王に助けを求めたが、なんの音さたもないまま二カ月が過ぎようとしていた。ある日、王の使者の一行が到着し、安堵に胸を撫で下ろす。これでもう女主人として城を切り盛りしなくてもすむ。そう思ったのもつかの間、新たな不安に心を乱された。ジリアンに深々とお辞儀をした使者の騎士は…。彼は忽然と姿を消した婚約者、身も心も捧げたラナルフだった。ジリアンは混乱したまま、その場に立ち尽くした。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
シュルツェ,シャロン
土木工学の学位を持っている。米ニューハンプシャー州の出身で、現在はコネチカット州に住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

罪深きワルツ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「わたしと結婚していただきたいのです」レベッカは、破産寸前のウィルにそう切りだした。すばらしい美貌と巨万の富に恵まれた彼女は、信用の置けない男たちを遠ざけるため、信用の置ける“ひも”を雇うことに決めたのだった。一方のウィルは亡き父の借金を返済できず、今やいつ監獄に送り込まれるか知れない身。渡りに船とばかり、彼はレベッカの申し出を受け入れる。しかし、順調だった形ばかりの結婚の歯車は、レベッカがウィルの過去を知ったとたん、狂いはじめた…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マーシャル,ポーラ
イギリスはレスターに生まれ、ノッティンガムで育つ。勤め先の資料図書館で同じ司書の夫と出会い、結婚。三人目の子が学校に入ったのをきっかけに英語の臨時講師として働きはじめるが、その後再び大学で歴史を学び、学士号を取得した。そこで得た知識を歴史ロマンスの執筆に役立てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

誇り高き白薔薇 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
時は1461年、イングランドはランカスター家とヨーク家が王位をめぐって争う“薔薇戦争”のまっただ中にあった。ランカスター派の家に育ったクレア・ホイランドは、無益な戦いに心を痛めていた。兄はヨーク派のディヴェイン家を襲撃しに行き、命を落とした。その結果、唯一の相続人となった彼女は、叔父の指示により、王妃の庇護を求めることになった。だが、宮廷のあるコベントリーへ向かう途中、ディヴェイン家の次男ロバートに捕らえられた。無惨にも父と兄を殺された彼は、ホイランド家への復讐を誓い、襲撃の首謀者であるクレアの叔父の命を狙っていたのだ。けれども、それはかなわず、ロバートはクレアに宣言した。「身の代金をもらうより、きみを花嫁にもらおう」クレアの身内の罪は、クレアに償わせる―それが彼の考えだった。

[アキバ中毒のページ] [電子たばこ] [ハロー!江東区!] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [台東クラブ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [墨田区紀行] [東京ぶらぶら] [美容外科] [高収入バイト情報] [鶯谷・うぐいすだに] [千葉の印刷なら千代田印刷] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [台東紀行]
[スペイン文学を知りたい!!] [シロン]

oooRest for a momentooo 千葉天ぷら・千葉天ooo 春日ちゃんのお散歩マップooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo ハイキング自然歩道@千葉ドットコムooo ひんやりooo 風呂の事ooo 自作PCに挑戦(千葉中心)!ooo 夏はプールだ千葉特集ooo 千葉っ子の初詣情報!!ooo 特大房総!房総の魅力満点!ooo 歴史千葉ooo 伊豆諸島を巡ってみよう!江戸川区!ooo デパチバ.com ~千葉にもあるよデーパート集~ooo ベビー、キッズ、マタニティ.コレクションooo ~新宿 Live House~ooo 寿司喰いねぇ~!ooo 東京ぶらぶらooo 板橋LOVEooo 荒川区の情報を調べる会ooo